【チェック】クラチャイダムゴールドとマカ系サプリの比較!

MENU

【チェック】クラチャイダムゴールドとマカ系サプリの比較!

クラチャイダムゴールド,小林製薬,マカ,エンペラー,now,dhc

クラチャイダムゴールド,小林製薬,マカ,エンペラー,now,dhc

今すぐクラチャイダムゴールドの詳細をチェック!

>>最安値通販サイトを探している人はコチラ!

 

最近は、クラチャイダムが精力剤のジャンルでは徐々に有名になってきています。
しかし、それまでは圧倒的に有名だったのはズバリマカですよね。

 

今現在も、マカを配合しているサプリは各メーカーから様々な商品が販売されており、その人気ぶりは衰えを知りません。
ですので、クラチャイダムゴールドを購入するときに、マカ系のサプリと比較される方も多くいるのではないでしょうか?
そこで、クラチャイダムゴールドとマカ系サプリを比較してみることにしました。

 

調べれば調べるほど、やはりクラチャイダムゴールドがオススメという結果になりました。
その結論に至るまでの、マカ系サプリを調べた結果を紹介したいと思います。

今回調査したマカ系サプリとは?

今回調査したマカ系サプリは、こちらのメーカーの商品です。

 

日本サプリメントフーズ

マカエンペラー

 

小林製薬

マカEX

マカEXセット

 

DHC

マカ

 

NOW

生マカ750mg6倍濃縮RAW MACA ベジタリアン仕様

マカ 6倍濃縮ピュアパウダー 認定オーガニック

マカ 500mg

 

これ以外のメーカーでもマカ系のサプリの販売をしています。
今回は、国内メーカーの有名どころと、海外勢のNOW社の商品にフォーカスして調査してみました。

 

日本サプリメントフーズ『マカエンペラー』

クラチャイダムゴールド,小林製薬,マカ,エンペラー,now,dhc

 

クラチャイダムゴールドを製造・販売している日本サプリメントフーズはマカ系サプリとして、マカエンペラーという商品を販売しています。
でも、このマカエンペラーは、マカだけでなくて、クラチャイダムも入っているんですよ!
しかも、このマカエンペラーの通常価格は税抜7,300円。
クラチャイダムゴールドよりも安いのです。

 

ここで、鋭い方はピンときたかもしれませんね。
そう、クラチャイダムとマカの共通の有効成分はアルギニンですよね。
同じアルギニンが含まれているのであれば、わざわざクラチャイダム以外にマカを使う必要はないですよね。
では、なぜ同じメーカーから価格の安いマカ系サプリを販売するのか?
それは、あまり予算がない人のために廉価版を出したかったからだと思われます。

 

クラチャイダム100%よりも、アルギニンが少ないマカを配合することで、廉価版を作れます。
そこに、シトルリンを配合することにより、アルギニンの吸収率を1.5倍程度までアップするとしています。

 

実は、僕はここでも違和感を感じました。
このマカエンペラーのパッケージには、『マカ×シトルリン×クラチャイダム』と書いてあります。
マカとクラチャイダムは、どちらも植物の名前です。
しかし、シトルリンだけは成分の名前なのです。

 

これらを並列に並べて書くこと自体が実はおかしいのです。
マカエンペラーは、マカ系サプリの中でも、クラチャイダムの廉価版の位置付けで販売しているものと考えられます。
(あくまで私の推測です。)

 

小林製薬 マカEX、マカEXセット

クラチャイダムゴールド,小林製薬,マカ,エンペラー,now,dhc クラチャイダムゴールド,小林製薬,マカ,エンペラー,now,dhc

 

小林製薬といえば、テレビのCMでもおなじみの、国内大手の製薬会社です。
サプリメント業界の中でも、サントリー、DHC、小林製薬はトップ3と言っても過言ではないと思います。
名前だけで安心感がありますよね。
そんな小林製薬もマカ系サプリを販売しています。
その名もマカEXマカEXセット。

 

なぜ2種類出ているのかを調べてみると、通販用の商品と店舗販売用の商品とで分けているそうです。
ですので、どちらも中身は一緒ということになります。

 

各成分の配合量がしっかりと書いてあるのはさすがですね。
このマカEXシリーズは、大手製薬メーカーの製品なのに、価格が2,600円程度となっており、ものすごく安いです!

 

安さの秘密はマカを使用している点と、マカ以外の高麗人参エキス、エゾウコギエキス、杜仲葉などを使用しているところです。
もちろん、この価格ではクラチャイダムは含まれていませんね。

 

また、カフェイン含有コーヒーが1粒あたり27.6mg含まれているので、寝る前などに飲むのは注意が必要ですね。
製薬会社の独自視点で有効成分を配合しているようですが、やはりアルギニンの量としては少ないです。

 

どうしても価格を安く抑えるためにしか思えない内容となっています。

 

DHC マカ

クラチャイダムゴールド,小林製薬,マカ,エンペラー,now,dhc

 

こちらも大手メーカーのDHCですね。
日本国内でDHCといえば、サプリメント業界大手です。
こちらのマカも小林製薬と同じく価格が安いです。
1袋30日分で1,600円くらいです。

 

おそらく、小林製薬と同じターゲット層を狙っている商品なのでしょうね?
価格帯がとても安いので、マカを使用していますし、マカといってもクラチャイダムほどではないのですが、原料の価格が高いので、マカ以外の成分を配合しています。
ガラナエキス末、亜鉛、冬虫夏草菌糸体末、セレンなどが含まれています。

 

大手メーカーは最もニーズが多いユーザー層をリサーチして、そのユーザー層がいくらまでならサプリにお金を出せるのかを研究しているようです。
それが、この2,000円前後という価格帯なのでしょう。

 

その価格帯におさめようとすると、どうしてもマカを使ったり、それ以外の有効成分を配合する必要が出てきてしまう訳ですね。
それと、クラチャイダム自体が需要に対しての生産量が少ないため、安定供給をするのが難しいのかもしれません。
特に、大手メーカーですと商品の在庫切れを起こすと販売店からクレームがきたりしますから、安定供給できるかどうかという点も重要なんですね。

 

その証拠に、DHCではクラチャイダム系サプリは販売していません。

 

NOW 各種マカ系サプリメント

最後に調査したのが、海外メーカーのNOW社の製品です。
NOW社は、サプリ大国であるアメリカの会社です。
ですので、国内での公式ページなどは存在せず、輸入代行業者がネットで販売しています。
Amazonや楽天でも販売されていますが、どちらも輸入代行業者の出品によるものでした。

 

調べた限り、日本国内で出回っているのは3種類なのですが、正直言って僕は海外製品のサプリはお勧めしません。
その理由は、信頼性の問題と、偽物の可能性も否定できない点があります。
もともと、海外のサプリは購入する気はありませんが、念のため調べてみました。

 

 

NOW 生マカ 750mg 6倍濃縮 RAW MACAベジタリアン仕様

RAWというのは、日本語で生という意味です。
生マカの中に含まれているデンプンをカットして、栄養分だけを濃縮して作られたサプリです。
ベジタリアン仕様というのは、動物性の材料を使用していないことを意味しています。

 

値段は1個2,000円前後。
販売サイトによって、値段にバラツキがあります。
これも、海外サプリの怖いところですよね。
何となく、安いものはニセモノのような気もしてきます。

 

このサプリの珍しいのは乾燥マカではなくて、生のマカを使用しているところです。
生マカのデンプンを取り除き、6倍濃縮しているそうなのですが、やはりマカ以外に米粉、野菜由来ステアリン酸マグネシウム、シリカなどの成分も配合していました。

 

海外勢も、価格を安くするためにマカ系サプリにマカ以外の成分を配合していることが分かりますね。

 

NOW マカ6倍濃縮ピュアパウダー 認定オーガニック

こちらは、同じシリーズの粉末タイプの商品です。
粉末でできているので、水などの飲み物に混ぜて飲むことができます。
ただ、手でカプセルをポンって口の中に入れることができないので、飲むのが面倒ですね。

 

その代わり、カプセルを使用していないですし、凝固剤なども使用していないので、ある意味有効成分100%と考えることもできます。
更に、粉末の方が吸収率という点でみると、カプセルタイプよりも吸収率は高いです。
生マカ750mgと同様に、デンプンもカットされています。

 

こちらのほうもクラチャイダムゴールドと比較して値段が1本3,000円程度ということで激安です。

 

NOW マカ500mg

こちらは、今まで紹介したサプリの中で一番安い100カプセル入りで960円程度のものです。
250粒入りのものもあります。
成分量としては、マカ根500mgですので、かなり少ないです。
本当に安さだけが魅力で、Amazonなどのネット通販では700~800円くらいで販売されています。

 

マカ系サプリはコストを抑えるための戦略が見え見えでした

ということで、主要なマカ系サプリを調査してみましたが、結論としてはクラチャイダムの原材料が高額なのと、安定供給が難しいのでマカを全面に押し出した廉価版を出しているという感じでした。
さらに安いサプリについては、マカだけでなくさらに安い成分を複数配合して、様々な成分を配合しているように見せているようなものが多かったです。
でも、僕は中途半端に安い金額を出して、ちょっとだけ効果がみられるような商品よりも、少し高いけど、しっかりとした商品を購入したほうがいいと思います。
結局、安物買いの銭失いになってしまいますからね。

 

今回の記事を読んで頂ければ、クラチャイダムゴールドと比較して、なぜマカ系サプリが安いのかと、安い理由をお分かりいただけたと思います。
精力剤を選ぶ際には価格だけでなく、その安い理由と成分を確認してみるといいと思います。
廉価版のマカ配合サプリではなく、少し値段は高めですが、しっかりとクラチャイダム100%を配合したクラチャイダムゴールドにされたほうがいいでしょう。

 

関連ページ

【徹底比較】クラチャイダムゴールドとクラチャイダム系サプリの違い
クラチャイダムゴールドとクラチャイダム系サプリの違いについて比較した結果について解説しています。